車遍路の難所~21番太龍寺

四国八十八ヶ所逆打ち車遍路の道中、22番札所の平等寺から14km。車で25分ほど進むと、21番札所の太龍寺の駐車場へと到着します。




この太龍寺駐車場というのはロープウェイ駐車場ではなく、昔からある中腹の駐車場のことです。個人的に車遍路の難所ナンバー1だと思っているルートです。もし興味がありましたら、ドライブレコーダーの動画をご覧になってください。(12m17s 707MB)

前から車が来たら、ごめんなさいするしかない狭い道。油断していると車の腹を擦るのでは?と思わせるデコボコの道。落石が両サイドに散見される、荒天時にはあまり通りたくない道。下手なドライバーには絶対にハンドルを握らせたくない、ガードレールのない道。切り返しをしないと曲がれないスイッチバック式のヘアピンカーブ。

横峰寺?焼山寺?清瀧寺?他の車遍路の難所もなかなかのものですが、この太龍寺ほどではありません。ただし、ロープウェイを使って参拝されるお遍路さんには、全く関係ない話なのですが。

さて、到着した駐車場から境内まで、歩いて30分の上り坂です。

寺まであと1000mだそうです。意外と大した事ないな、と思わないほうがよいです。

寺まであと600mだそうです。このへんまではまだまだ余裕。杉の木立が素敵です。深呼吸などしてみましょう。花粉アレルギーの私としては、3月とかには来たくありませんが。




太龍寺まであと400mだそうです。このあたりから勾配が急になってきます。太ももと足首に力が入らなくなってくる頃です。足元をしっかり見つめて着実に1歩1歩進みましょう。

そうこうしているうちに、山門に到着します。
太龍寺山門

何だろう?健脚わらじって。

山門を通り過ぎ、しばらく上るとやっと太龍寺の境内に到着します。

太龍寺護摩堂です。
太龍寺護摩堂

持仏堂です。
持仏堂

持仏堂の大廊下にある龍の天井絵です。高知県出身の日本画家、竹村松嶺の作。
持仏堂の龍の天井絵

相輪橖(そうりんとう)と呼ばれる金属でできた珍しい塔です。まるでロケットのような近代的フォルムですが、文化13年(1805年)建造のもの。

太龍寺の多宝塔です。

太龍寺本堂。
太龍寺本堂

太龍寺大師堂です。
太龍寺大師堂

礼拝・納経を済ませ、参道維持費として500円を納経所で納めました。もれなく太龍寺オリジナルステッカーがもらえます。
太龍寺ステッカー

そして上ってきた坂道を駐車場まで下ります。駐車場を出発してから戻るまで1時間15分。納経所前のベンチで、休憩を5分とってこのくらいかかりました。足ががくがくして、下り坂のほうが苦しかったです。




20番札所の鶴林寺へ

「車遍路の難所~21番太龍寺」への6件のフィードバック

  1. こんばんは。
    太龍寺中腹まで車で上がりたいと思っています。対向車が来るとごめんなさいをするしかないと書かれてありましたが対向車をかわせるポイントがバックをしたり前進するとあるのでしょうか?
    教えてください。よろしくお願いします。

    1. コメントありがとうございます。
      youtubeにアップした動画の6:55あたりに見える看板は、下りの車が合流してくる地点です。つまりこれより上は、上りと下りがそれぞれ一方通行になるので、対向車が来る心配はありません。

      それより下の道路では、対向車が来る場合があります。また、対向車とすれ違うポイントはあるにはありますが、少ないのは確かです。もし対向車と遭遇すれば、バックしなければならないこともあるでしょう。どの程度のすれ違いポイントかは運転される方で感じ方は異なるでしょうから、ドラレコ動画をご覧になって判断していただければと思います。

      ただし、通行量は少ないので、今回のドラレコ動画のように、対向車と1台も遭遇しない場合もありえます。

      参考までに

      1. ありがとうございました。
        昨日無事に行ってきました。行きも帰りも車には出会わなかったです。でも思った以上に車で来られている方とお会いしました。ドラレコのおかげでよくわかりました。ありがとうございました。

        歩いて登り始めたところでお寺へ向かうおじさまが声をかけてくださり軽トラックに山門前まで乗せていただきました😅
        おかげで余力があったので北舎心ケ嶽と南舎心ケ嶽を登ってきました。
        ひとり遍路の醍醐味ですね😄

        1. ほんのわずかですが、お力になれてうれしく思います。

          舎心ヶ嶽にいらっしゃったのですね。私はまだ足を運んだことがないのですが、荘厳な風景が目に浮かびます。

          今度太龍寺に参拝する時には、ぜひ寄ってみようと思います。

  2. 是非とも行ってみてください。北舎心ケ嶽は今はお参りされる方があまりいないと聞きましたが山門をくぐると右へ行く道があります。すぐ着きますので是非とも。ですが高所恐怖症ならば…です。梯子に登らないといけないので。私はへっぴり腰になっていました💦 南舎心ケ嶽はブログなどで紹介さらに
    いるのでおわかりでしょうが空海がここで修行されたかと思うと感慨深いものがありました。悟りが開けるかもですよ(笑)

    1. 貴重な体験談をありがとうございます。山門から右にそれる道があるのは認識していましたが、10月に行った時には、山門までに体力を消耗していたので、行く気力がありませんでした。次回は悟りを開くべく、余力を残して参拝ルートに組み込みたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。